惣宇利彰の注目欧州ニュース【原始的なサメの歯化石発見=1億3500万年前、仏南部で】

惣宇利彰が選んだ本日の欧州ニュースです。
フランス南部の約1億3500万年前(白亜紀初期)に深海だった地層から、原始的なサメ類の小さな歯の化石が見つかった。スイスの自然史博物館と仏モンペリエ大の研究チームが30日、英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズに発表した。
このサメ類「クラドドント」は、4億年近く前の古生代デボン紀に出現し、これまでは約2億5100万年前の古生代ペルム紀末に起きた地球史上最大の生物大量絶滅時に姿を消したと考えられていた。
研究チームは、「生きた化石」と呼ばれるシーラカンスと同じように、大規模な火山活動などによる生物大量絶滅期には生息場所を深海に移して生き延びたのではないかとの見方を示した。

 

転載元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131030-00000047-jij-eurp
歴史が変わるような発見にはドキドキしますね。
どんなものが見つかったのか見てみたいです。
惣宇利彰でした。
【関連キーワード】
惣宇利彰ニュース 惣宇利彰欧州 惣宇利彰フランス 惣宇利彰サメ
惣宇利彰原始的 惣宇利彰ネイチャー 惣宇利彰モンペリエ
惣宇利彰チーム 惣宇利彰深海 惣宇利彰生物

 

【注目キーワード】
京大 園遊会 胴上げ投手 オータムリーフ
朧村正 金剛改二 ゴッドフェス
ふくや 会田誠 超合金

広告

惣宇利彰の注目欧州ニュース【ソチ五輪聖火また消えた 少なくても3回…組織委ついに調査へ】

惣宇利彰が選んだ本日の欧州ニュースです。
【モスクワ支局】ロシア南部ソチで来年2月に開催される冬季五輪の聖火リレーで、聖火が消える“ハプニング”が首都モスクワで相次いでいる。地元メディアによると、7~8日の2日間で少なくとも3回、消えたという。

トラブル続きに政府当局者も「(原因を)調査している」と本腰を入れ始めたが、7日には関係者がライターで聖火を再点火する映像がインターネットで流され、祝賀ムードに水を差す事態となっている。

現地からの報道によると、7日には聖火が2回消えたことが映像などで確認されている。元水泳選手がクレムリンを周回した際には、関係者がライターで堂々と火を付け直し、ネットでは「なぜギリシャの火を用いないのか」と非難が噴出した。

組織委員会はライターで点火したミスを認め、今後は並走するランタンの種火を使用すると表明。米メディアによると、その直後に火が消えた際には、関係者が予備の聖火やランタンの種火を差し出し、改めて点火したという。

聖火トーチの長さは約95センチ、重さは約1・8キロ。冬のロシアで吹く強風にも耐えられる特殊設計とされるが、その効果が疑問視される事態に陥った。

ただ、聖火は北京など過去の五輪でも消えたことがあり、ネット上では「何度も起きていることだ」と開き直ったような見方も散見されている。

転載元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131009-00000531-san-eurp

聖火って消えにくいようにしていると思っていたのですが結構消えやすいみたいですね。

惣宇利彰でした。

 
【関連キーワード】
惣宇利彰ソチ 惣宇利彰五輪 惣宇利彰聖火 惣宇利彰インターネット
惣宇利彰ライター 惣宇利彰ロシア 惣宇利彰強風
惣宇利彰トーチ 惣宇利彰予備 惣宇利彰ランタン

【注目キーワード】
聖闘士星矢Ω レッドチェイサー 予告先発 smtライブビューイング
バトルフィールド4 鈴木えみ ダブルベッド
メガカイロス セブンスポットダークレディ