惣宇利彰の注目欧州ニュース【原始的なサメの歯化石発見=1億3500万年前、仏南部で】

惣宇利彰が選んだ本日の欧州ニュースです。
フランス南部の約1億3500万年前(白亜紀初期)に深海だった地層から、原始的なサメ類の小さな歯の化石が見つかった。スイスの自然史博物館と仏モンペリエ大の研究チームが30日、英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズに発表した。
このサメ類「クラドドント」は、4億年近く前の古生代デボン紀に出現し、これまでは約2億5100万年前の古生代ペルム紀末に起きた地球史上最大の生物大量絶滅時に姿を消したと考えられていた。
研究チームは、「生きた化石」と呼ばれるシーラカンスと同じように、大規模な火山活動などによる生物大量絶滅期には生息場所を深海に移して生き延びたのではないかとの見方を示した。

 

転載元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131030-00000047-jij-eurp
歴史が変わるような発見にはドキドキしますね。
どんなものが見つかったのか見てみたいです。
惣宇利彰でした。
【関連キーワード】
惣宇利彰ニュース 惣宇利彰欧州 惣宇利彰フランス 惣宇利彰サメ
惣宇利彰原始的 惣宇利彰ネイチャー 惣宇利彰モンペリエ
惣宇利彰チーム 惣宇利彰深海 惣宇利彰生物

 

【注目キーワード】
京大 園遊会 胴上げ投手 オータムリーフ
朧村正 金剛改二 ゴッドフェス
ふくや 会田誠 超合金

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中